Windows10の無償アップデート期間は、2015年7月29日から1年間とされていますので、2016年7月28日までということになります。この日まではWindows10にアップデートできる機種においては更新可能です。

更新後何らかの事情により再度Windows10をインストールしなければならなくなった場合について、以下の通りまとめさせていただきますので、ご一読下さい。

【ケース1】元々Windows7がプリインストールされたPCをWindows10へアップデートした場合

  • 無償アップデート期間中はWindows10のISOファイルから作成したインストールDVDを使ってクリーンインストールが可能です。
  • 無償アップデート期間中で、かつハードウェア構成が変更されている場合には、元々のWindows7にリカバリーした後にWindows10へアップデートする手順で再インストールが可能です。
  • 無償アップデート期間終了後は、ハードウェア構成が変更されていない場合に限り、先ほど同様再インストールが可能ですが、マザーボードの交換などのハードウェア構成変更があった場合には、新たにWindows10のパッケージ商品を購入する必要があります。

【ケース2】元々WindowsVistaがプリインストールされたPCからアップグレードメディアなどでWindows7にしたPCを、さらにWindows10へアップデートした場合

  • 無償アップデート期間中はWindows10のISOファイルから作成したインストールDVDを使ってクリーンインストールが可能です。
  • 無償アップデート期間中で、かつハードウェア構成が変更されている場合には、元々のVistaからWindows7にリカバリーした後にWindows10へアップデートする手順で再インストールが可能です。
  • 無償アップデート期間終了後は、ハードウェア構成が変更されていない場合に限り、先ほど同様再インストールが可能ですが、マザーボードの交換などのハードウェア構成変更があった場合には、新たにWindows10のパッケージ商品を購入する必要があります。

つまり、ハード故障が原因で部品交換したPCにWindows10をリカバリーできるのは無償期間中(2016年7月28日まで)だけで、その後はWindows10パッケージを購入する必要がある、ということです。

『今のうちにアップデートしておけばタダでWin10が手に入る』というのは嘘ではありませんが、将来的にこのまま使えるかどうかは別の話なんだ、ということを理解した上でお使い頂きたいと思います。

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!