Windows10から「前のOSに戻す」でWindows7に戻して一安心、でも・・・
『あれ?日本語入力が出来ない~(T-T)』
という方へ。以下の手順をお試し下さい。

方法その1

手順1
キーボードのウインドウズの旗の絵が入ったボタン(左手前にあります)を押しながら「R」ボタンを押します。
手順2
表示された枠内に「ctfmon.exe」と入力し「OK」をクリックします。
手順3
日本語入力の言語バーが表示されていることを確認します。
もし表示されていないようであれば、方法その2へ移動して下さい。
手順4
キーボードのウインドウズの旗の絵が入ったボタン(左手前にあります)を押しながら「R」ボタンを押します。
手順5
以下のボタンからファイルをダウンロードして実行します。
言語バー復活ファイル1
実行時にユーザーアカウント制御が働いた場合には「はい」をクリックして下さい。
手順6
実行時に警告画面が表示されます。「情報を追加すると・・・(中略)・・・続行しますか?」と表示されたら「はい」をクリックして下さい。
手順7
「正常に追加されました」と表示されたら完了です。PCを再起動して現象を確認して下さい。

方法その2

※「方法その1」の「手順2」でctfmon.exeを実行しても言語バーが表示できないという方専用です。

手順1
以下のボタンからファイルをダウンロードして実行します。
言語バー復活ファイル2
実行時にユーザーアカウント制御が働いた場合には「はい」をクリックして下さい。
手順2
実行時に警告画面が表示されます。「情報を追加すると・・・(中略)・・・続行しますか?」と表示されたら「はい」をクリックして下さい。
手順3
「正常に追加されました」と表示されたら完了です。PCを再起動して現象を確認して下さい。

もしそれでも言語バーが表示されない場合には

正直、手詰まりです(T-T)
復元ポイントまで戻ってみるか、最悪リカバリーしかないでしょう・・・

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!