Windows7のサポート期間は、MS社のライフサイクル表にあるように、2020年1月14日までです。
が、今年に入ってからMS社はサポートポリシーをコソッと変更していたようで『Intel製CPUでSkyLakeシリーズを搭載したPCに関しては【2017年7月17日まで】でサポート打ち切り』するというのです。SkyLakeアーキテクチャのCPUは、2015年8月から製品化されたもので、現状ではインテル最新CPUシリーズです。i-Coreシリーズなら6000番台がそれに該当しますが、他にも多くのCPUが同じアーキテクチャですので、詳しくはウィキでご確認下さい

今回のサポートポリシーの変更は、何もSkyLakeに限った話ではなく『今後は最新CPUでサポートされるのは、その時点での最新Windowsのみ』という内容です。つまり、SkyLakeでサポートされなくなるのは、Win7はもちろん、Win8.1も対象ということです。ちなみにAMD社製APUはいいのか?と思う方もお見えでしょうが、ExcavatorのAMD Aシリーズ8000番台も同様の扱いです。

アプリケーションなどの都合でWin7パソコンを今から購入される方は、i-coreなら6000番台より前、AMD Aなら8000番台より前のCPUが搭載されたパソコンを購入するべきでしょう。
といっても、2016年10月31日までしかWin7は購入できないんですけれども・・・

≪参考≫
Windows 10 Embracing Silicon Innovation(英文)

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!