ついにMS社がOSに対してサブスクリプション販売に乗り出すようです。
といっても、全シリーズがそうなるのでは無く、とりあえず企業向けボリュームライセンスで提供されている「Windows 10 Enterprise」のみです。このエンタープライズは、全シリーズの最上位シリーズとなっており、Window 10のすべての機能を搭載しています。ちなみに新しいOSは「Windows 10 Enterprise E3 for CSP」という商品名となるのですが、これは一般ユーザーが利用できるものではありません。費用は、1ユーザーあたり月々7ドル(約740円)、もしくは年間84ドル(約8,800円)で提供されます。

Windows 10を力業で推し進めてきた理由がそこにあるように思うのは私だけでしょうか。
いよいよ、OSもインターネットのように毎月払いが当たり前の時代が来るのかもしれません。

(以下参考)
Windows 10 および Surface の新たな企業向けサブスクリプション オプションを発表 By Japan Windows Blog

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!