先日(8/3)に書いたとおり、無償アップデートが終了したはずのWin10ですが、今でもアップデートする方法が残っているということで、検証してみました。
今回は記事に書いた手順ではなく、アップグレードディスクを使ったアップデートを行いました。
テストしたマシンは、HP製ノートPC「ProBook4545s」です。WIndows7Professional(64bit)が入っています。このマシンに、MS社のサイトからアップグレードディスクを作成するツールをダウンロードし、メディアを作成しました。
完成したメディアをドライブにセットすると、自動的にアップデートが始まりました。

待つこと小一時間・・・

作業完了しました。
さっそくコントロールパネルのシステムでライセンス認証状態を確認すると「ライセンス認証されています」との記載が。

あら。あっさりアップグレードできてしまいました。
障がい者向けプログラムを利用せずとも、アップグレードディスクを使えば今なら(2016.8.30 16:30現在)まだWin10にできるようです。

確かに、障がい者向けプログラムと言っても、利用者が健常者かどうかはかることもできませんので、MS社としてはアップデートできる状態を残しておくほかなかったのだと思います。
ともあれ、もし今からでもアップデートされたいという方は、この手順をお試しください。

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!