XPの頃はOutlookExpressユーザーが多く、それ以降はLiveMailへ移行された方も多いと思います。そのLiveMailを含む、Windows Essentials 2012のサポートが、来年2017年の1月10日で終了する事がダウンロードサイトで告知されていました。この日をもってダウンロードも出来なくなるそうです。(最終行参照)

インストール済みの物は起動はしますが、OSなどと同様でサポートが切れたソフトに対する修正が行われない為、セキュリティリスクは高まります。よって、Outlookなどへの移行をオススメ致します。Outlookなら、WordやExcelをお使いの方なら一緒にインストールされている物です。

データの移行は、以下の手順で行うことが出来ます。

  1. Outlookの準備をします
    ・OutLookをまず起動します。初めて起動する方は、メール設定を作るかどうかの選択画面で「メール設定を行わない」チェックを入れて進めます。
    ・Outlookの画面はそのままでおいておきます
  2. メールデータを移行します
    ・LiveMailを起動して、「ファイル」⇒「電子メールのエクスポート」⇒「電子メールメッセージ」をクリックします。
    ・「Microsoft Exchange」が選ばれた状態で「次へ」をクリックし確認画面で「OK」をクリックします。
    ・完了画面で「OK」をクリックします。
  3. これでメールデータは移行されたはずです。
    ・次はアドレス帳の移行です。
  4. LiveMailの「アドレス帳」をクリックします。
  5. 「エクスポート」ボタンをクリックし「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
  6. 「エクスポート先のファイル名」の「参照」ボタンをクリックします。
  7. 「デスクトップ」をクリックし、ファイル名に「add」と入力して「保存」をクリックします。
    ・保存先やファイル名は任意の内容でも結構です。
  8. 「次へ」をクリックします。
  9. エクスポートするフィールドは全ての項目にチェックを入れて「完了」をクリックします。
  10. 保存したファイルをメモ帳で開きます。
    ・右クリックでファイルを選択して「プログラムから開く」⇒「メモ帳」、またはメモ帳を開いておいて「ファイル」⇒「開く」でファイルを選択して開きます。
  11. 「ファイル」⇒「名前をつけて保存」をクリックします。次の画面で文字コードを「ANSI」に切り替えて保存します。上書き確認では「はい」をクリックします。
  12. Outlookの「ファイル」⇒「開く」⇒「インポート/エクスポート」をクリックします。
  13. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して「次へ」をクリックします。
  14. 「テキストファイル(カンマ区切り)」を選択して「次へ」をクリックします。
  15. 「参照」ボタンで先ほど保存したファイルを選択して「OK」をクリックします。
  16. 「次へ」をクリックします。
  17. インポート先のフォルダで「連絡先」を選択して「次へ」をクリックします。
  18. 項目の左にあるチェックマークを入れて「完了」をクリックします。
  19. 最後に、アカウント設定を作れば作業完了です
    ・Outlookの「ファイル」⇒「アカウントの追加」から行います。メール設定に必要な認証情報などをお手元にご用意ください。

少々面倒ではありますが、今後サポートされないメールソフトを使うのはオススメできません。Outlook以外のメールソフト(ShurikenやThunderBirdなど)の体験版をいろいろと試してみるのも良いでしょう。

(参考)
Windows Essentials – Windowsヘルプ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/18614/windows-essentials

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!