Windows7からWindows10へ環境移行を行う際に、付箋を移行させたいと思う方もおみえだと思います。

少々手間ではありますが、以下の手順で移行は可能ですので、お試しください。
隠しフォルダの中から付箋データを取り出してコピーする手順となりますので、エクスプローラの『ツール』から『フォルダオプション』を開き、『表示』タブ内の『隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する』にチェックを入れておく必要があります。

1.Windows7の『C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Sticky Notes』にある『StickyNotes.snt』というファイルをUSBメモリなどにコピーします。

2.Windows10の『C:¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Local¥Packages¥Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe¥LocalState¥Legacy』内にコピーしたファイルを保存します。

3.保存したファイル名を『ThresholdNotes.snt』に変更し、付箋(Sticky Notes)を起動します。(Windows10では「付箋」と書かれておらず「Sticky Notes」と表示されています)

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!