先日満を持して発表となったiOS11。特にiPadProのユーザーには朗報となっているようですが、私のiPhone6sならびにiPadPro(10.5-WiFi)もアップデートしてみたところです。
すると、今まで使えていたWiFiスポットに接続できなくなる現象が発生し困っておりました。
調べてみると、アップルのオフィシャルサイトにて以下のような情報を見つけました。

Wi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定 – Apple サポートhttps://support.apple.com/ja-jp/HT202068

このサイトによると、WiFiルーターの帯域設定によっては、パスワードが正しくても接続できなくなるケースがある、とのことです。特にBUFFALO製のルーターにおいて倍速設定してあると起こりえるようです。

具体的には、

2.4 GHz

20 MHz

802.11n(5 GHz)

20 MHz、40 MHz

802.11ac(5 GHz)

20 MHz、40 MHz、80 MHz

がそれぞれ推奨値となっているそうです。
iOSアップデート後にWiFiが調子悪いという方は参考にしてください。

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!