マイクロソフトは今年の6月頃にWindows7ProならびにWindows8.1Proプリインストールモデルのメーカー出荷期限を1年延長し、2018年10月31日までとすることを発表しています。出荷期限の延長はありましたが、サポート終了の日付に変更はなく、Win7は2020年1月14日、Win8.1は2023年1月10日に終了します。Win7ならびにWin8.1サポート対象CPUに関しても変更はありません。Intel製では第7世代(KabyLake)とそれ以降、AMD製ではAPU(BristolRidge)とそれ以降を搭載したPCではWin10しかサポートされません。

よって、今後CPUなどのハード構成が進化してゆく中、販売が延長されたことで安心するのでは無く、なるべく早くシステムをWin10化することが求められていることは変わらないと言うことです。

当社がメインで取り扱っているHP製PCにおいては、来年2018年3月末頃までにWin10ダウングレードモデルの出荷を終える計画が出されています。ワークステーションシリーズに関しては2018年3月末まで、ビジネスデスクトップ・ノートブックシリーズにおいては、今年中に終了するものから2018年3月末頃まで出荷が予定されているものまで、いろいろですので、注意が必要です。

Win10自体も毎年3月と9月に定期的な大型アップデートをすると発表しており、実際に実行されています。今秋のFallCreatorsUpdateも順次進められますが、各アップデートのサポート期限も順次やってきますので、Win10化した後もアップデートが欠かせなくなります。

(I)

≪ PR ≫
 営業先で社内PCのエクセルファイルを確認したい時や、出先で社内のシステムを使って価格や見積を確認したいときなどに大変重宝する、iPadを使ったPCリモートシステムが大好評。iPad法人契約のお手伝いから導入後のサポートも全部お任せください。
 興味がおありの方は是非お問い合わせを!